40代からの最低限

40代からの最低限必要なダイエットケア方法、下っ腹が太らないように若いころとは違い、30代後半から40代に入ると、いろいろな意味で生活環境がガラッと変わってくるものです。今までは同じような生活をしていた友達も、金銭的なことや家族関係、仕事などが影響することで全く異なったような生活をすることになるかと思います。

けっして珍しいようなことではありませんが、人間のある意味では成長と言っても過言ではありません。しかし、一人暮らしの場合だと、10代後半から20代に比べるとだいぶ金銭的には余裕が有るために、スーパーで買い物をして自炊をすること無く、外食をしたり、好きなお酒を自由に飲んでも、そんなに苦労することがないのかもしれません。

その他、親と同居している人の場合は、より金銭的に余裕があったり、母親の作った料理を毎日のように食べることができるために、太りやすい体になっているのかもしれませんね。食べ盛りの子供がいる家族であれば若者がよく好むとんかつやカレー、唐揚げといった脂っこいメニューを食べながら、一緒にお酒などを飲み、運動もせずにそのままぐったりと寝るというパターンが多いのかもしれません。たしかに、いっときの幸せを感じるのかもしれませんが、お腹周りは脂肪の塊になり、これから先のことを考えるとかなり怖くなってしまう。だったら、本当に必要なことをやるべきではないかと思います。食べたり呑んだりすることは構わないのですが、最低限の運動や筋トレで、下っ腹に脂肪がつかないようなことをすること。ちょっとした工夫なんですが、必要最低限のことを行っていくことは大切なことになるかとは思います。


[PR]

# by takagaeru | 2016-05-15 14:43

お肌のケアを整えておくこと

乾燥肌や肌荒れ、吹き出物、肌トラブルをどうしたら解消できるのか?美肌金を増やしてから、ツルツルにすることで、たまご肌になるんだって。本当なのか、どうなのかわからないのですが、とかくして今のままではいけないことはわかっているために、ちゃんとしたケアを今のうちからしておかなくてはいけないとは思っている。

ツルツルの肌とガサガサの肌、何が違うのか?その答えの一つとしては肌の菌煮ることがわかってるんだって。なんだかな~っとは思うのですが、人の肌には常に7~10種類物金がいるんですよね。最近の研究ではこの菌おバランスと肌状態が密接に関わっていると明らかになってるんです。

肌の常在菌には美肌筋と悪玉菌があり、健康な肌では悪玉菌は美肌筋の働きで一定量イカに保たれてるんだって。これが怖いために、しっかりとしたけケアをしておかなくてはいけないということ。

[PR]

# by takagaeru | 2016-02-05 10:47

自分にとって本当に必要なことを

血液をさらさらにするために、どんなことをやるのか、どんなことをやらざるえないのか?考えなくてはいけないはず。そのようなことを考えることで、自分はどんな生活ができるのかもわかると思う。本当に些細な事かもしれないのですが、権衡を考えるなら、どういったことを考えて、どれだけのことをイメージできるのか。

動脈硬化予防に役立つこと。オリーブオイルに含まれるオレインサンにも流れるスムーズな形。一方で、肉類や乳製品に含まれる飽和脂肪酸。過激に摂取すると、悪玉コレステロールを増やすなど、体に悪影響を及ぼすと言われているので、

どんなものを、どれ開け考えてから、今の自分にとって大切なのかを考えていくことが重要になるはず。魚を積極的に取り、必要な物をどれだけ自分のものにできるのかが重要になるはず。

[PR]

# by takagaeru | 2015-10-15 17:37

めまいが起きた時に


耳が原因で起こるめまいをあるそうです。
50代以降の女性に圧倒的に多い症状。

起き上がった時や頭の向きを変えた時に数秒で起こるそうです。

良性発作性めまい症と予備、年齢的に更年期と間違われるのですが、そのままにしておくことで、症状が悪化するケースも有るために、十分に注意しておかなくてはいけませんね。

再発することも多く、再発することも十分にあるために、治療すれば数週間で治ると言われています。

他にも、耳が関係するめまいの病気は多い。
まずは、病院で診てもらうようにしましょう。

最近では、40代以降になったら注意スべきメニエール病という病気も多いので、勉強しておくのも大切です。

[PR]

# by takagaeru | 2015-02-20 17:46

アクセプタとは?

小さい頃はそんなことなかったのに、今では自分をうまくコントロールすることができない。これはADHD「注意欠陥多動性障害」といいます。子供に多い症状で、小学校など授業中に落ち着いて話を聞くことができない、それから、人一緒に話すこともできない、それがADHDです。

この症状、特に改善方法はありません。子供から大人に成長する過程の中で、次第に脳が成長するために、徐々に治るということがわかっています。しかし、私のように20代~30代に入ってからADHDが発症するケースも有ります。そのために、処方するのがアクセプタという薬です。

こちらはモノアミン酸化酵素阻害薬の一つで、服用することで、心を正常化させることができる。あくまでも改善効果はないのですが、服用すれば、落ち着かせるために、服用をしています。今の段階では、気持ちを落ち着かせ、前のような感情な精神的な部分を取り戻すことがまず大事。副作用に睡眠障害がおこるために、服用するときは眠る前に服用しています。今までは眠れないこともあったために、うまく利用しています。


[PR]

# by takagaeru | 2015-01-10 15:54